メリットとデメリット

現状で抱えている複数社のローンを一社にまとめるメリットは、返済をおこなう対象が一社だけになることで、毎月の返済回数が1回になり、かかる手間が減り、管理が楽になることがまず一つ。また、一本化のために契約、借入する消費者金融などをうまく選ぶことにより、月々の返済額を安くしたり、現状で抱えている複数社のローンに比べて低金利での契約を交わしたりすることが可能な点もメリットに含めることができるでしょう。複数ローンを一社にまとめる消費者金融などの選び方を間違えなければ、その後の返済で不利になりにくくなり、完済をめざしやすくなるのです

返済これに対してデメリットとしては、毎月○日に○円の返済をするという約定返済の金額が低いのは毎月の返済負担は軽くなりますが、完済までにより長期間を要することになります。すると、現状の複数ローンを完済する場合と比較して、借り換え後の完済のほうが、トータルの利息負担額が高くついてしまう原因になるのです。

また、現状で抱えている複数ローンの残りが300,000円であるのに、借り換え先での契約で設定された借入限度額が500,000円となるケースがあります。この場合、限度額いっぱいまで借りてしまうと、借り換え前より借金が増えてしまい、余計に返済が大変になってしまうことになります。