デメリットの回避法

回避方法借り換え前に比べ、借り換え後のほうが完済時のトータルの利息負担額が高くなってしまう問題を回避するには、繰り上げ返済を頻繁におこなうのが効果的です。繰り上げ返済とは約定返済とは別におこなう返済で、好きなときに好きな金額を返済できます。約定返済とは異なり、繰り上げ返済は全額が元金に充当されるのが特徴です。繰り上げ返済を積極的におこなうことで、完済までにかかる期間の短縮化や、利息負担額を安く抑えることができるというメリットを得ることが可能です。なお、繰り上げ返済をした月にも約定返済はしなければいけないため、この点には注意しましょう。

このほか、借り換え前より借り換え後の借金が増えてしまう問題の回避方法ですが、希望額より大きな借入限度額が設定された場合でも、絶対に限度額いっぱいまでの借入をしないことが大切です。ついぜいたくがしたいなどと思って手を出してしまいがちですが、その後の返済負担が重くなってしまうのは確実です。

せっかくの返済を楽にするための一本化が、まったく無意味なものとなってしまうのは避けたいところです。そのため、複数ローンをまとめるために必要な金額だけの借入にとどめておくのが賢明な判断といえるでしょう。