安易な債務整理は×

いま自分が抱えている複数ローンを、消費者金融などのキャッシングサービスに借り換えて一社にまとめる方法以外に、借金問題を解決する手段として債務整理をあげることができます。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの種類があり、どの方法を選択するのかによって借金が大幅に減額したり、全額の返済義務が免除されたりします。債務整理によって返済の苦しみから解放されますが、安易に選択するのはおすすめしません。債務整理にはデメリットもありますので、キャッシングサービスで複数ローンをまとめる方法と比べて得策といえるかどうかよく考えましょう。

信用情報機関まず、債務整理をした事実は信用情報機関に事故情報として記録されます。新規でローンやクレジットなどを契約する際の審査では、消費者金融や銀行などが信用情報機関に記録されている情報を閲覧します。債務整理をした事実の記録は債務整理の種類によって5~10年残ることとなり、記録が抹消されるまでは返済能力なしと消費者金融などに判断され、ほとんどの場合は審査落ちになってしまいます。

また債務整理は裁判所や債権者とのやりとりもあり、手続きが複雑なため、法律事務所の力を借りるのが一般的です。借金の返済問題は解決しても、成功報酬などの名目で法律事務所に対しお金を払い続けなくてはいけなくなるため、状況はあまり変化しないというケースも多いです。